夢と読書 一期一会BOOKS

日々読んだ本をご紹介。「夢と読書(ラクマで古本屋モドキ)」にて販売中です。

自分で選んだ恋を、誰かのせいにはしたくない。――試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。(尾形 真理子)

 

 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 今回ご紹介する本は『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』です。

 いつかはこの本を読んでみたいと思っており、今この本を選びました。

 みなさんは 試着室で誰かを思い出したことはありますか? わたしはあります。 

 わたしのような人の他にも、 

恋のお話を読みたい
タイトルが気になる
服やおしゃれが大好き!

 そんな方におすすめの一冊です。

 本の情報本の内容感想を本の中の言葉を引用しながら書きたいと思います。
 気になる方はぜひ、最後まで読んでください。

 なお、こちらは「夢と読書(ラクマで古本屋モドキ)」にて、実際に販売中の商品になります。▶▶▶売り切れました。Amazon等のリンクは続きからどうぞ

 

 

 

 

 

この本について

 

 

 

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。
 
 著者:尾形 真理子
 定価:580円+税
 平成26年2月10日 初版発行
 (幻冬舎文庫

 尾形 真理子(おがた まりこ)

  1978年東京都生まれ。
  2001年からコピーライターや制作ディレクターとして活躍し、資生堂キリンビール日産自動車など、多くの有名企業の広告を手がける。
  朝日広告賞グランプリ他受賞多数あり。
  2010年に本作で小説家デビューを果たした
 

どんな本?

 

 渋谷区神南にあるセレクトショップ「Closet」。そこには、様々な恋愛事情を抱えた女の子たちが訪れる。
 10年付き合っている彼との関係に悩むメイコ。年上の男と付き合い、彼に褒められた白いパンツを探しに来たクミ。年下の男の子に恋をして、彼と食事に行く前日にデニムを求めて来店したチヒロ。後輩の結婚式のためにドレスを買いに行ったアユミ。彼を支える非凡な女になるために、新しい服を求めたマサコ

 そんな彼女たちが試着をして、新しい服を見つけるお話。

 

どこが良かった?

 

①種類の違う恋のお話が楽しめる

 

 あらすじに書いてある通り、この本では複数の違った恋のお話を読むことができます。

 いずれも好きな人がいたり、過去の誰かを思ったりするわけですが、思い出すのは試着室の中

 みなさんは新しい服を買う時、どんなことがきっかけですか? わたしは今持っている服を買い替えるときや、気が向いたとき、髪を切ったとき、服を一新して過去を忘れたいときなど様々です。

 「Closet」に訪れる女の子たちも、来店のきっかけは様々。だけどみーんな恋をしています。一部過去形の子もいますが。

 服を新しく買い換えるときって、気分も変わりますよね。年齢とともに外見も中身も変わるので、似合う服は変わります。それは体形や好みが変わるだけでなくて、トレンドも変われば自分の取り巻く環境も変わるから。好きな人がいれば、なおさら変わるかもしれません。

 「服」は女の子にとっては「戦闘服」ともいえる大事なもの。服がきれいかとか、似合っているかどうかでも気分が変わります。自分がいいと思うものは、自身が持て強くなれます。

 どんな恋であれ、同じお店に訪れて、新しい服を買うことで、新たな一面に気づいたり、自信が持てたりする。この本は「恋」をテーマにしているので、みんな恋をしていますが、服を選んでいる女の子たちには、それぞれ新しい服を買いたい「理由」があるのだろうな、と思いました。

 今後服を買いに行ったときにこの本のことを思い出しそうです。

 

②お話の『その後』を想像するのが楽しい!

 

 この本はお店を訪れて、服を買ってお店を出るまでのお話ですので、ぶっちゃけめちゃくちゃ良いところで終わります
 毎回わたしは「そこで終わるの!?」とびっくりしていました。その後が知りたいのに~!

 できればみんなを応援したいところですが、この恋は難しいだろうな、と感じる恋もあります。

 みんな目的や予定があって服を買っていて、その後の恋はどうなったのか!? 上手くいくルートを想像して、上手く行ってくれ~! と願ったり、逆に上手く行かないでくれと思ったり。なんだか上手く行かないような感じで終わったお話を、なんとか上手く行かないかと考えたり。この子の気持ちはわからないな……と何度も読み返したり。
 お話が最後まで展開しないこの本だからこその楽しみです

 みなさんもわたしと同じように「えっそこで終わるの!?」からのその後の妄想をしてほしいなと思います。

 

③自分だったら、と考える楽しみがある

 

 複数の恋のお話が読めるので、自分はどの子が似ているかなぁ、とか、付き合うならどの人がいいかなぁ、とか、このときにわたしならなんて言うかなぁとか、読みながら色々考えてしまいました。

 中でも一番考えたのが、チヒロのお話。同じ職場の後輩の、年下の男の子に恋をしているけれど、彼はそのうち海外に行ってしまう。その間だけのほんのわずかな期間で、ふたりはご飯を食べに行く仲になる。
 
 そのことを女友達に話せば、辛口な言葉を言われてしまう。

 「年下は、向こうからきたら考えてもいいけど、自分からはナシでしょ」

 「チヒロが年上の女だから、フツーに気を遣われているだけじゃない? それ、やさしくされてるのとは違う話だよ?」

 「年下との恋愛は、結局女が痛い想いをするっていう覚悟がないとキツいと思うよ」

 ――と。仕事中に一緒にランチに行く(のも、誘ったのは後輩)のはまだわかる。けど、海外出張が決まったときも彼から「日曜日の夜、飲みに行きませんか?」と誘っている。これでほんとに気を遣っているだけなのかな? と。チヒロ本人はもう失恋したぐらいの勢いでいるけれど、これは案外上手くいくのでは……!? と考え出しから、止まりませんでした。

 これ以上は語ると止まらなくなりますので、この辺りで止めておきます。

 

まとめ

 

 毎回ではないけど、たまに読みたくなる恋のお話。それも「試着室」という独特の着眼点
 この本は平成26年に発行され、尾形さんのデビュー作となります。この後にも本を出されているようですね。
 機会があれば、また読んでみたいと思います。

 気になる方はぜひ読んで、妄想してみてください。

 

 

 

 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村