夢と読書 一期一会BOOKS

日々読んだ本をご紹介。「夢と読書(ラクマで古本屋モドキ)」にて販売中です。

その人の手料理は今しか食べることができないから――彼女のこんだて帖(角田 光代)

 

 あなたは、ふと、誰かの手料理が恋しくなることはありませんか?

 わたしは母の作るお雑煮を毎年楽しみにしています。

 母は海に面した地域の出身で、母が作るお雑煮には、かまぼことほうれん草とにんじん、大根、それから牡蠣、もちろんおもちが入っています。

 正直牡蠣は苦手なのだけど、お雑煮には牡蠣が入ってないと違う、うちのお雑煮じゃないとさえ思ってしまいます。

 母も歳をとってきたいま、お雑煮の作り方だけは、ちゃんと聞いておきたい。


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『彼女のこんだて帖』です。

 角田光代先生といえば、かなり前に小豆島で買った『八日目の蝉』を読んだことがあり、そういうシリアスなお話を書かれるイメージがあったので、こういうテイストのお話も書ける作家さんなんだ! と、個人的に驚いた一冊です。

 また、小泉今日子さんの本のなかで、角田先生のお話が出ていて、作家さん同士で集まる機会があるのだなー、と思っていた程度の認識です。
たしか、お食事会だったかな?

 このお話はリレー形式になっていて、話の中でちょこっと出てきた人物が、次の主人公になっています。

 そんな、とても面白い仕組みのお話でした。

 

 

続きを読む

朗報だ! やる気を一瞬で出す方法が見つかったかもしれない!――ダラダラ気分を一瞬で変える小さな習慣(大平 信孝・大平 朝子)

 

 新しく○○をはじめるぞ!
 
 と、初日は意気込むけど、数日経つとなんだか面倒になって、「ま、今日はお休みするか」……と1日休んだら、……あれ? 気づいたら何日もしていない、なーんて。

 あるあるすぎて怖い。

 でもね、「三日坊主」になるのって、実は脳のせいなんだって!


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『ダラダラ気分を一瞬で変える小さな習慣』です。

 わたしは非常に切り替えが苦手な人間なので、あと少し、とついダラダラしてしまって、気づけば30分1時間経っていたりすることが学生時代からずっとあるのです。
 いわゆる「三日坊主」というやつも、それはもう何度も。

 でも、それは脳のせいらしい!?

 と、いうことで、わたしの中で話題になったこちらの本をご紹介していきます。

 

続きを読む

箱には秘密が詰まっている――大正箱娘 見習い記者と謎解き姫(紅玉 いづき)

 

 別にフェミニストでもないけど、女性というだけで損だよなあ、と思うことがこの歳になると多くなる。

 でも、いまは令和だ。
 昔はもっともっと、女性は生きにくかったはず。


 こんばんは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『大正箱娘 見習い記者と謎解き姫』です。

 著者はミミズクと夜の王で鮮烈なデビューをした紅玉いづき先生。わたしの大好きな作家さんです。
 
 ミミズクと夜の王からはじまる『人喰い三部作』と、『ガーデン・ロスト』までは読んだ記憶があるのですが、紅玉いづきさんの本を読むのはかなり久しぶり。

 色鮮やかな表紙のイラストが目を引く『大正箱娘』。
 
 ノスタルジーでどこか怪しげなこの時代を舞台に、さまざまな「箱」にまつわる謎を解き明かすお話です。

 

続きを読む

見栄を張らず、本音を話せる相手を作れば、きっと老後も楽しく過ごせる――老後の資金がありません(柿谷 美雨)

 

 祖母がついに施設に入った。
 施設は人の目があるし、ごはんは出てくるし、何かあれば連絡がくるから安泰。
 そう、お金があれば、ね。

 施設は家ではないから、何もかもにお金がかかる。もらった年金はほぼ飛んでいく。それでも安全や健康や手間や時間を考えたら、他に方法はなかった。

 祖母はどうにかひと段落したけど、両親は? わたしは?

 老後にかかるお金はうん千万?
 
 そんなお金、あるわけないじゃん!


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『老後の資金がありません』です。

 そう、ないんですよ、老後の資金なんて。
 今を生きるので精一杯。
 なんなら今は貯金を崩しながら生きてる。

 そんなんで老後のこととか、考えられないよね……。
 
 と、いうことで、今回の本。
 2021年に映画化された時の表紙のものを読んだのですが、映画の表紙ほどコミカルではなかったかな。

 しかし、老後を迎えるに当たって大切なことを知ることができた一冊です。

 

続きを読む

直接やりとりができないからこそ、目に見える形でこころを示す――かわいいネットショップ(パイ インターナショナル)

 

 わたしは雑貨が好きで、文房具も好きで、いつかは雑貨屋さんを開きたい! と思った時期がありました。

 いろいろな経験を経て、今は「古本屋モドキ」を細々営んでいます。

 『ラクマ』を使ったやりとりなので、直接顔を見てお客様と接することはありません。

 だからこそ、梱包を丁寧に、かわいくしてみたり、しおりを作って一緒に入れたり、お手紙を書いて差し上げたり。
 そういったこころくばりが繋がった『評価』を見ると、いつもうれしく思います。  


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『かわいいネットショップ』です。

 今はメルカリショップやBASEなど、手軽にネットショップを作れる時代です。
 この本(2013年発刊)にもすでにBASEが紹介されていて、そんなに前からあったの? と驚きました。

 梱包写真の撮り方など、メルカリやラクマなどのフリマアプリでも応用できそうなことがたくさん載っていて、今読む分にも十分に参考になるかと思います。

 

続きを読む

『自立する』って、きっとこういうこと。――魔女の宅急便(角野 栄子)

 

 十三歳の満月の夜。
 ≪魔女≫はひとり立ちをする。


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は魔女の宅急便です。

 言わずと知れた名作ですが、実は読んだことがないな、という人もいるのではないでしょうか?
 児童向けの本として有名だと思いますが、実は文庫本になっています。

 『働くこと』の意味がわかる、子どもにも大人にも読んでほしい一冊です。


 ※イメージ画をつけてみましたが、お話の中ではとんがり帽子は被ってないし、満月の夜に出発しています。念のため。

 

続きを読む

エキナカにある『読みたい本が見つかる』と噂の本屋さん――金曜日の本屋さん(名取 佐和子)

 

 北関東にある小さな駅野原駅。
 その跨線橋に直結した、いわゆるエキナカにある本屋さん
 その名も<金曜堂>
 地元野原高校の読書同好会に所属していた同級生3人が営んでいる。
 その本屋さんの秘密は、なんと地下
 その地下には、こぢんまりとした本屋さんからは想像できない光景が広がっていた!


 こんにちは、「夢と読書 一期一会BOOKS」の萌菜花です。

 本日ご紹介する本は『金曜日の本屋さん』です。

 そこは、『読みたい本が見つかる』と噂の本屋さん
 野原高校という、生徒数3000人のマンモス校の通学を支える野原駅直結、喫茶スペース完備、野原高校の生徒をターゲットに日々フェアを行う小さいけれど聞くだけでわくわくする本屋さん。
 読むと絶対に行きたくなるはず……!

 そんな理想の本屋さん<金曜堂>を舞台にしたお話です。

 

続きを読む